FXの特徴

Pocket

為替レートの上下で儲ける

FXとは為替レートが時々刻々と上下することを利用して、その差益を得ることを目指した投資の手法です。
たとえば日本人がアメリカに旅行に出かけたり海外通販で取引をしたりする場合、日本円をドルに交換する必要が生じます。

このとき日本円が何ドルに相当するかという交換比率が為替レートにあたりますが、需要と供給の関係で常に変化しています。

そこでこの交換比率から見て相対的に安いときに日本円でドルを買い、高くなったらドルを売り払って再び日本円に戻すことで、その値幅分を利益にすることができます。

FXでは別に日本円とドルの組み合わせだけではなく、欧州通貨のユーロやイギリスのポンド、中国の人民元などの多様な外貨による取引ができるようになっていることから、その時点でもっとも利益を上げそうなペアをトレーダー自身が選択することが可能です。

レバレッジの利用が可能

FXでは取り扱いをしている特定の会社に口座を開設した上で、ここに元手となる証拠金をいくらか振り込んだ上で、実際の取引をスタートさせることができます。
FXの大きな特徴はレバレッジにあります。
これは小さな証拠金を担保として提供することで、額面としてはより大きな外貨の取引が認められる仕組みです。

国内では最大で証拠金の25倍にあたる金額までの外貨が取引できるため、小額投資でも大きなリターンを手にすることが可能です。

FXで得た利益を口座のなかに据え置いて、そのまま証拠金に組み入れて投資すれば、さらに短期間で巨大な利益が得られる複利戦略をとることもできます。

ただし証拠金が一定の金額以下になると、担保として提供できる金額の下限を満たせないことから、以後の取引もできなくなってしまうため、計画的に行うことが必要です。

すべてバーチャルな取引

FXでは為替レートの動きを時系列的なグラフにしたチャートをパソコンやスマートフォンの画面に表示させながら取引をするのが一般的です。

このチャートが示した値動きを見ながら、有利なタイミングで売買の注文を出すのが具体的なFXの方法ですので、外貨の売買をしたとはいっても、別に現物の紙幣や硬貨を自宅に引き取ったりすることはなく、すべてバーチャルな世界でのやり取りになります。

そのため少なくともチャートをリアルタイムで表示できるモニタが付いていて、しかも注文を指示するためインターネットに即座にアクセスできる環境があれば、在宅でいくらでも投資機会が得られるのが特徴となっています。

パソコンではなくスマートフォンを使えば、自宅以外の出張先などでも取引が可能です。

売りと買い、二つの選択肢

FXの基本は為替レートが相対的に安いときに外貨を買って、高くなれば売り払うことですが、実はレートが高いときを見計らって最初に売り注文を入れておいて、安くなった段階で買い戻しをする逆のパターンで利益を得ることも可能です。

このように為替レートが上昇から下降、下降から上昇のどちらの局面も投資機会になり得るところは大きな特徴になっています。
いずれの場合も上下に動いた値幅分が利益となります。

ただし相場が上昇局面にあるのか、それとも下降局面にあるのかの見極めに失敗してしまった場合には、値幅分の損失を生じることがあります。

この場合は次の有利な局面まで待つか、または負けを認めて早めに損失を確定させる損切りを実行し、証拠金の余力を残す選択をとります。

FXの特徴に関するまとめ

FXの特徴

FXの特徴

 

FXは為替レートが上下することを利用した投資方法のひとつです。

レバレッジを使って小額からでも投資が可能な上に、複利運用で利益を短期間で大きくさせることも可能です。

FXにおけるトレードは、チャートを見ながらベストなタイミングで売買注文を出すだけのバーチャルなもので、パソコンやスマートフォンがあれば自宅に居ながらでも簡単に取引ができます。

為替レートの上昇局面と下降局面のどちらでも投資機会として活用することができ、買い注文と売り注文のそれぞれの時点を基準に、上下に為替レートが動いた値幅分が利益となります。

ただし上昇局面と下降局面の見極めを誤った場合、値幅分の損失になってしまうことがあるため、慎重な対応も必要です。