金融商品であるFX

金融商品であるFX

投資と投機の違い

投資とは資本に対して資金を投じることであり、投機は機会に対して投じる資金のことです。
投機はあくまでも機会に対して資金を投じるためより短期間で利益を得ることを目的としたものであり、証券取引などで行われるデイトレードやスイングトレードなどが該当します。
【チャートに張り付かない方法】

しかし、証券取引では一日の値動きは限られていますし手数料も相応に掛かりますからそれなりの資金力が必要になります。【一般社団法人日本FX教育機構】

レバレッジの活用は戦略的にも有効!

その点においてFXはより少ない資金で行うことが出来るため短期間で利益を生み出すことも可能です。
この理由はFXでは証拠金取引でありレバレッジを国内業者では25倍程度で行うことができ、実質的に5万円であれば25倍のレバレッジの場合には125万円分のお金を動かすことができ、より短期間で結果を知ることができます。
【FX認定トレーダー100人突破】

FXは一般的に投機だと言われますが・・・

FXはその性質上、投機的と呼ばれますが、それは機会が多いためです。
しかし機会が多いということを除けばレバレッジコントロールさえできれば十分にFXは長期的な投資にも向いており、実際に運用している投資家や金融機関も多くいます。
そもそもFXでは世界で流通している通貨を売買することで、その差益を得るというものであり、重大事件が起こらない限り絶えず上下しながら一定の方向に向かって動いており、逆行しても十分に損失を取り戻せるだけのチャンスが存在します。
【全国どこからでも指導を受けられる】

情報や知識がFXが重要

この一定の方向に向かって動いているため時間が経てば、もとの水準に戻るため闇雲に行わなければ賭け事よりも安定性のある投資ができます。
このような闇雲なFXを行わないためにも情報や知識がFXではより重要になってきます。
1日10分でできるFX入門セミナー

当然ながら金融リスクも

FXは当然ながらリスクもあります。
だからこそ、状況判断や適切な分析が必要になります。
しかし、実際のところこれら状況判断や適切な分析といったものは難しく不確実性が高いためFXは投機的と呼ばれる所以です。
実際のところちょっとした理由によって逆行することがあります。
このさいに十分な資金力がない場合には証拠金が足りなくなり強制決済される可能性があります。


FXのデメリットとは

強制決済されると損失が確定するわけで、これがFXがハイリスクである理由です。
このためレバレッジコントロールが重要になってきます。
一方で実際にどのタイミングで売買すれば良いのかわからないのもFXの特徴です。
このため毎日利益を出そうとする場合には1日中チャートを見続けなければいけないといったデメリットもあります。

初心者向けの安全な方法もあります

FXで失敗する理由はさまざまですが、多くはレバレッジコントロールや資金力不足、チャートに対応できないといったことです。
株式と異なりFXは24時間活発な取引が行われているので寝ている間に利益から損失になっていたということも多くあります。
損失を見ると人間の心理として焦ってしまい損切りをしようとしてしまいます。


積立FXのレバレッジコントロールを学ぶ

このため焦りがFXで失敗する原因になります。
このような失敗を最小限にする安全な方法としては積立FXがあります。
積立FXでは一定の間隔で購入していくというもので自動的に簡単に買い増しを行ってくれます。
またレバレッジが低いので短期間で利益を得ることはできませんが、そのぶんレバレッジコントロールがしやすく、また外貨預金よりも効率よく積立を行っていくことができます。
FX入門セミナー

金融商品としてのFXに関するまとめ

FXそのものは法律に則っている健全な金融商品ですが、金融商品そのものは最終的には投資を行う人の自己責任によって行うことになります。
このため大儲けが出来る人もいれば大損をする人もいます。
ただ長期的に投資という目で見て、為替がどの方向に向いているのか理解することでリスクを最大限下げることができますし、ハイレバレッジによって短期間の売買で利益を出す投機といった方向でも利益を出すことができます。
FX入門セミナー

レバレッジで資金力に利用しよう

いずれにしてもFXではより短期間で相場が変動し、またレバレッジによって少ない資金によって利益を得ることが可能ですが、同時に損失のリスクもあるため、取引を行うさいにはレバレッジコントロールや資金力の余裕がFXで失敗しないためには重要です。