今さらですが、ビットコインって何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビットコイン

ビットコインは仮想通貨のひとつ

ビットコインは、FXと異なり仮想通貨のひとつであり、また世界で最初で、もっとも成功した仮想通貨です。
ビットコインのシステムとしてはP2Pとブロックチェーン技術によって成り立っています。

P2Pとはpeer-to-peerの略で中央でデータのやり取りをするサーバーを用意せずに、それぞれの端末が同士が互いにデータを共有するというものです。
ファイル共有などにおいてP2Pは広く使われています。

一方でブロックチェーンはP2Pの機能を利用し各端末が保有するブロックに信用情報に履歴を付けることにより中央のサーバーで管理するのではなく複数の端末が保有する情報を参照して権利の移転などを行うことができるというものです。
このため分散型台帳技術とも日本でも呼ばれ、そこに金銭的な価値と情報を付与して送金などに使われているのがビットコインです。

マイニングと取引

ビットコインを含めた仮想通貨の多くはマイニングと呼ばれる行為によって増やすことができます。
意味としては採掘というものです。
ビットコインではブロックに金銭的な価値が付与されますが、このブロックは取引が行われると取引データが記録されます。

マイニングの原理

取引では複数のブロックからデータを参照して、整合性を取りながら記録します。
この整合性を取る作業を行うには膨大な計算量が必要であり、このさいにはコンピューターのリソースを
提供した人に対して見返りとしてビットコインが支払われます。
また膨大な計算をして未使用のブロックを発見し最初に追記することによって、ビットコインが新規に発行されることで得るといったこともでき、それらの行為がマイニングと呼ばれます。

ビットコインの稼ぎ方

ビットコインは本来は送金を目的としたものですが、インターネットに接続されている環境であればどこからでも利用できるため世界中から現実通貨の流入が続きその価値は上昇しています。
このためビットコインで稼ぐといったことも行われています。
ビットコインの稼ぎ方のセオリーとしては暴落後に購入するといったものです。

暴落時の売買差益が米良位目

暴落にもいくつかの理由がありますが、ビットコインは暴落しても再び上昇しています。
また取引所ごとに売買価格が異なるのでその差額を狙って売買することで稼ぐこともできます。
近年はレバレッジを掛けた取引も可能ですが、ビットコインは価格の上下が激しいのでリスクは高いものです。
またマイニングでも稼ぐことが可能ですが十分な量が供給された現代では、優秀なパソコンを使わなければビットコインを得ることは難しくなっています。

ビットコインの注意点

ビットコインの注意点としては中央でコントロールされている通貨ではないということです。
このため完全な自己責任で行わなければいけません。
現代ではビットコインはかなり知られるようになっていますが、そもそも理解しておくべきことはビットコインそのものに価値はないということです。
このため骨董品などと同じで価値を付けているのは数多くの利用者であり国が発行する通貨や企業が発行する商品券とは異なり価値は担保されません。
このため詐欺も多く見られます。

ビットコインの取引リスク

特に実物が存在しないのがビットコインですから実際にそれを保有の有無を確かめるには相応のスキルを有している必要があります。
またインターネット上ですべてのやり取りが行われるので情報漏洩によってすべてを詐取されるリスクもあります。それらを理解した上で取引を行う必要があります。

ビットコインに関するまとめ

ビットコインは価値が上昇し続けているため参入するタイミングが難しいものです。特に現実通貨とは異なり1日のうちで価値が半分以下になる可能性もあります。
そのため株式やFXといったような取引方法よりも貴金属投資などで行われるような積立方式で参入した方が初心者には安全です。
特に現実世界の通貨とは異なってその価値が上昇する要因が不明確なところが多いため、いつ暴落してもおかしくはありませんし、反対に気づけば倍になっていたというケースも多くあります。

また一方でこれだけ市場規模が拡大したビットコインは金融機関も注目する存在となっており、今後は本格的な投資先として認められる可能性もあり、ますますその価値を上昇させる可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。